シャッター修理でお困りの方は、どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス

ブログ

シャッターの故障の時に修理業者に相談する目安

シャッター修理の豆知識
更新日:2018/04/30

近くのシャッター修理業者を知っていますか?

シャッターを使い続ける中で、トラブルが発生した場合でも、相談ができる業者がいる事で安心して使うことができます。例えば、シャッターの開閉を繰り返している中で、シャッターが斜めになってしまうことがあり、バランスを取りたいと感じる方もいます。また、駐車場のシャッターの場合、ハンドル操作のミスでシャッターにあたってしまい、シャッターがへこんでしまうトラブルが発生する事もあります。シャッターのダメージが大きいと、開け閉めができなくなってしまう可能性があり、きちんと閉める事ができなければ、防犯面で不安が出てきます。

メーカーの電話番号はインターネットで検索可能!

緊急修理の問い合わせにも対応する業者を見つける事ができ、電話で相談をする事で、駆けつけてもらう事ができ、安心です。天候や修理の依頼をするお客様が多いときなど、すぐに来てもらうのが難しい状況もあるため、早めに予約ができるように、トラブルへの備えを考えて、業者の比較を進める事もポイントです。シャッターの取り付けや修理に対応する業者の中には、企業のホームページを使い、施工事例をわかりやすく教えてくれるところもあります。情報をしっかりと集める事により、実績があり、年中無休で対応してくれるなど、修理もきちんと対応してくれる業者を見つけて、安心感を持てます。防火シャッターの場合、もしもの時にきちんと動くことが求められるため、見た目は問題ない状態でも、設備の機能に異常がないかを定期的に点検する事も必要です。火災が発生した時に、自動的に降下する事で、被害を抑える事につながりますが、動かないなどのトラブルが発生する事で、被害が拡大する恐れがあります。定期的に点検を行う事も考えて、長いお付き合いを続けていくシャッターの業者を見つける事をおすすめします。

シャッターに備わった新しい機能

シャッターの開閉は、ある程度音がしますが、新しい製品の中には、音を抑えてくれる物もあり、より使いやすいシャッターを見つけて、交換を進める方もいます。普段使っているシャッターで、異常な音がする場合、故障している箇所が見つかる場合があるため、原因を調べるための点検も大切です。油を注ぐなどのメンテナンスで直る場合もあり、業者にきちんとシャッター修理をしてもらう事で、異常な音を抑える事ができ、近所迷惑となる音が出ないように、早めの対処も重要になります。また、故障をしていなくても、長期間使い続けているシャッターは劣化しているパーツもあるため、交換作業を進める事も一つの方法です。

まとめ

シャッターが壊れた時の連絡先はあらかじめ把握しておきましょう

メーカーのホームページは電話番号が分かりづらい!

シャッターについてある大手メーカー以外のステッカーには要注意!

The following two tabs change content below.
鹿島 創一

鹿島 創一

シャッターの大手メーカーを経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
鹿島 創一

最新記事 by 鹿島 創一 (全て見る)


プライバシーポリシー