シャッター修理でお困りの方は、どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス

ブログ

シャッターの安全装置は必要?

更新日:2017/12/10

シャッターの安全装置

電動式のシャッターは時間が経過すると故障してしまうケースがあります。しかも、サイズが大きく重量もあるということで故障をしたら、プロに作業の依頼をしなければシャッター修理をすることはできません。プロはお客様の視点で事故を未然に防ぐようにするには、どのようなことをしたら良いのかという方法を、真剣に考えながら作業を進めていきます。シャッターが壊れてしまったときに素人が誤って触ってしまうとセンサーなどが反応してしまって怪我をしてしまうことがあります。業者のスタッフはそれを想定内に入れて、定期的にメンテナンスをしながら、シャッターが降下しても障害物に接触しないような修理をします。修理の一番の原因は車などをシャッターにぶつけてしまったというものがあります。

 

メーカー毎の安全装置の特徴

しかし、プロはシャッターがどこのメーカーか分からないときでも対応してくれるので信頼性があります。シャッターライフが身近に感じられるようにリモコンで開けられるようなシステムに変更することも可能なので、暮らしが一気に変化します。シャッターを電動化にすることで、車から降りなくても簡単に開けられるので、時間の短縮にもつながります。夜中にシャッターを開けると騒音トラブルに巻き込まれることがありますが、修理をしたついでに電動化にすれば、仕事で帰宅が遅くなっても近隣住民からクレームが出ることはありません。シャッターのトラブルは休日や夜間でもしています。電話はフリーダイヤルになっているので、通話料は無料ですし、同じ担当者に連絡をしても優しく丁寧に修理内容を教えてもらえます。工事は電気工事士などの国家資格を取得した社員が行っています。大規模な業者であれば、500名以上のスタッフがいるので、条件が整いやすい業者に作業を依頼してください。

安全装置の役割

シャッターの修理をするときは、ガレージ本体にも破損が無いかしっかりと調べます。シャッターを交換した後に破損してしまうと大問題になってしまうので、できるだけ早い段階から破損範囲をプロの視点で観察します。新しいシャッターに交換するまでの期間はその日のうちに終了します。現場が遠い場合でも最長でも3日以内で工事が終了するので、破損をしてもすぐに修復することができます。新しいシャッターはステンレス製やアルミ製のものが多いので、頑丈で車を強い衝撃でぶつけても壊れにくくなります。気になる部分があれば、メンテナンスも可能なので劣化を抑えることができます。

 

まとめ

電動シャッターには安全装置は必要!

メーカー毎に動作にクセがあるので使用の際はマニュアルを確認しましょう!

The following two tabs change content below.
鹿島 創一

鹿島 創一

シャッターの大手メーカーを経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
鹿島 創一

最新記事 by 鹿島 創一 (全て見る)


プライバシーポリシー