シャッター修理でお困りの方は、どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス

ブログ

手動シャッターと電動シャッターの比較

電動シャッター
更新日:2017/12/13

電動シャッターと手動シャッターそれぞれの特徴

昔ながらの主導のシャッターと、ボタン一つで楽に操舵できる電動式のシャッターがあり、これらは使い分けをうまくすることができます。両方とも良い面が多くありますが、手で開け閉めをするタイプは、自分で力を入れるだけに、偏った開け方ガ故障の元となって、シャッター修理ということも多いです。手動にも電動にも良い部分がありますから、それらを把握しておくこと、簡単に値段だけでは決めないで優れた面を比較してみます。

 

便利さ比較

手動シャッターと電動シャッターを比較すると、コストパフォーマンスでは間違いなく軍配は、手動式の方に上がるのは誰もが納得です。利用をする人間が自分の力を使い開け閉めをするタイプですから、電気を使用しての配線なども必要はありません。これに対して電動式シャッターの場合だと、導入時には配線工事も必須になりますし、モーター内蔵であるため本体がそもそも高額です。

 

価格で比較

毎回使用をするたびに電動式のシャッター場合は、それだけ電気代もかかります。初期費用とそれからのコストパフォーマンス的には、手動式はかなりの高評価になりますが、安い半面で毎回の利用では不便極まりないです。特に便利さに慣れきってしまった現代日本において、手作業で行うシャッターの作動は、面倒というキーワードが頭をもたげます。天候にも左右されるのが手動式のシャッターであり、外が雨降りの日などはガレージ到着後に、わざわざ雨の中をいったん車から降りて、シャッターを開け閉めしなければならずストレスです。便利さで比べてみた時には、問答無用で軍配は電動式のシャッターに上がると言いきれます。悪天候などはお構いなしで利用できるのは電動シャッターであり、雨でも車に上位者したままで簡単にシャッターの開閉ができますので、不便などは感じません。

 

騒音で比較

騒音というほどではないにしても静音性の比較という面でも、手動式シャッターよりも電動シャッターのほうが、開閉時には静かな作動です。手で開け閉めをするシャッターの場合であれば、音が大きいためにご近所への迷惑にならないよう気を付けなければなりません。夜遅くや朝早い時間などは静かですから、手動式で勢いよく開閉するのはためらわれます。しかし電動式のシャッターだったら、周囲近隣への騒音を気にするレベルの、大きな音の発生はまずありません。早朝に自動車で出かける際にも、帰宅が深夜になろうとも、静かな開閉ができる電動式のシャッターだったら問題は無しです。

まとめ

シャッターの総コストは購入金額だけでなく、10年間のコストで比較する!

お金があるなら電動シャッターがおすすめ!

 

 

 

The following two tabs change content below.
鹿島 創一

鹿島 創一

シャッターの大手メーカーを経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
鹿島 創一

最新記事 by 鹿島 創一 (全て見る)


プライバシーポリシー