シャッター修理でお困りの方は、どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス

ブログ

シャッターの修理を業者に依頼するメリットとデメリット

シャッター修理
更新日:2018/01/08

シャッターの修理には専門知識は必要?

シャッターがあると防火対策や防火対策になりますので、自宅や商業店舗などには多く見受けられます。ですが、そのシャッターも長年使用し続けていますとしだいに劣化していきます。シャッターが劣化することは、避けられない事実です。それは、シャッターというのは消耗品であるからです。永久的に使い続けることは難しいです。ただし、定期的にメンテナンスなどをすることでより長く使い続けることは可能です。そのために、メンテナンスは欠かせません。

個人でできるメンテナンス方法

主なメンテナンスは、ガイドレールの汚れを落とすこととスプリングの交換です。シャッターを使い続けていますとスムーズにシャッターが開閉できなくなります。その原因がガイドレールの汚れとスプリングの劣化によるものが多いです。ガイドレールに付着した汚れがありますとスムーズにシャッターが開閉できなくなります。ですから、こうした汚れはキッチンペーパーや雑巾等で拭き取ります。そして、その後に潤滑剤であるシリコンスプレーを吹きかけておくとより開閉がしやすなります。また、スプリングが劣化したら新しい物と交換する必要があります。以上のようなメンテナンスをすればシャッターを長く使っていくことができます。しかし、こうしたメンテナンスは知識や技術がないと難しい作業となりますので、シャッター修理専門業者のプロに任せることをオススメします。下手に素人がメンテナンスをすることで状態を悪化してしまうことがありますので、多少費用はかかりますがプロに任せておく方が無難です。専門業者に依頼すれば、的確にメンテナンスをしてくれます。シャッターの扱い方には慣れていますので、テキパキとミスなくこなしてくれます。

シャッターの素人と玄人の違い

素人が知識や技術がないでシャッターのメンテナンスをすることは良いことはありませんので、費用がかかっても専門業者に依頼しましょう。専門業者に依頼しないで自分自身で行ってさらに悪化した場合には、さらに費用がかかってしまい悪循環となります。ですから、そうしたことにならないためにも専門業者に依頼した方が結果的には費用は安くなります。なお、シャッター修理専門業者をどのようにして探していけば良いのかですが、それはインターネットで使って探していくのが便利です。インターネット上にはこうした専門業者を詳細に比較している比較サイトがありますので、そちらのサイトを利用して依頼したくなる魅力のある業者を探していきましょう。

 

まとめ

シャッターは構造が簡単なため分かる人なら個人で修理ができる範囲もある

大型のものは危険が伴うので自信がなければ触らない

無料見積もりの業者を利用しよう

The following two tabs change content below.
鹿島 創一

鹿島 創一

シャッターの大手メーカーを経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
鹿島 創一

最新記事 by 鹿島 創一 (全て見る)


プライバシーポリシー