シャッター修理でお困りの方は、どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どのメーカーよりも安い日本シャッターメンテナンス

ブログ

プロが教えるシャッター修理の価格を安く済ませる方法

シャッター修理
更新日:2019/03/01

シャッターの修理相場は?

関東の数社の独立系シャッター修理業者に聞いてみました

手動シャッターの調整(スプリングシャフトの調整) 8,000~15,000円
スプリングシャフトの交換 65,000~70,000円
手動シャッターの電動化 180,000~250,000円
スラットの全交換 200,000円
モーターシャフトの交換(電動シャッターのモーター交換) 200,000円
手動シャッターの全交換 150,000~180,000円
電動シャッターの全交換 250,000~350,000円
窓シャッターの全交換 150,000~180,000円
シャッターの鍵交換 20,000~円

上記は本当に参考価格です。現場により作業の難度が大きく変わるので同じようなシャッターでも価格が大きく変わります。ただ上記相場よりも高い場合はなぜそのような価格になるのか業者に説明を求めましょう。また余裕があれば複数の業者に見積を取りましょう。

シャッター修理8,000円からって本当?

本当であり、嘘。確かに手動シャッターの調整は8,000円から受けることもありますがそれは多くのシャッターを同時に調整する場合です。シャッター修理の職人に作業をしてもらったなら細かな調整でも最低15,000円はかかると考えるとよいでしょう。時折「シャッター修理8,000円から」という謳い文句をみますが、職人が成約するかしないか分からないのにその値段で仕事を受ける理由がありません。マッチングサービス経由ならそこからさらに手数料をとるわけですから・・・

シャッター修理を安く済ませるには依頼する業者の選び方がキモ

こちらにも記載しましたが価格を抑えたいなら独立系シャッター修理業者に依頼するのが正解。次いでマッチングサービス。選択肢に入らないのがメーカー。当たり前ですが基本的に中間マージンが少ない方が値下げ幅は大きいです。

プロに聞いた価格を抑えるコツ

事前に予算を伝える

ない袖は振れません。上記の相場を踏まえてこれ以下でお願いするよう交渉してみましょう。

部品交換ですまないものか確認する

メーカーは特に全交換を提案しがちです。一部の部品交換で治らないのか確認しましょう。

複数業者で比較する

談合していない限り複数業者で同じ見積になることはありません。低価格の業者の見積を材料に本命の業者に値下げ交渉をするのもいいかもしれません。ただしあまりに露骨だと本命の業者に逃げられることもあるので注意しましょう。

情に訴えかけましょう

営業担当者も人間なのでやむを得ない事情がある場合はかなり無理な値引きにも付き合ってくれます。たまに営業に聞くのですが「事情を聞いてかわいそうになって値引きしました」とか・・・それでいいのか?

【注意】シャッター修理は安ければ良いというものではないよ!

シャッター修理のクレームになる割合は独立系>マッチングサービス>メーカーの順に高くなります。独立系のシャッター修理業者に依頼して料金だけ払って作業をしないなんて悪徳業者も存在します。また修理後に連絡が取れなくなる業者もあります。みなさんは安くシャッター修理を済ませたいのではなく、満足の行くシャッター修理をお望みだと思います。そこを見失わず、総合的な観点から業者を選ぶとよいでしょう。価格は満足度の一要素でしかありません。(大きいですがね)

まとめ

あまりはっきりしないシャッター修理の相場から出来るだけ安く済ませるコツを業界の人間の目線から書かせていただきました。シャッター修理の価格自体現場の状況によって大きく変わってきますのであくまで参考としてとらえてください。

The following two tabs change content below.
鹿島 創一

鹿島 創一

シャッターの大手メーカーを経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
鹿島 創一

最新記事 by 鹿島 創一 (全て見る)


プライバシーポリシー